危険な土手の草刈

土手の草刈は角度にもよるが、滑落の危険が伴う。

特に、ススキを刈った上を歩くと、そりに乗ったように下まで滑っていく。

 

こんなときのために、スパイク付きの地下足袋などがあるが 

スパイクが短いことで、食いつきが悪い。

 

 

普通、20度くらいまでなら長靴でも問題ないが

足首が曲がって辛いことと言ったら経験者しかわからない。

 

こんな滑落の危険と足首の曲がりをなくして

作業効率を上いげるものができないのかと5考え始めたのです。

 

できれば、45度の斜面でも立って歩けるくらいのがいいと思った。