草刈機を一点から二点吊りに変えただけで

  土手歩きを装着して斜面に立つと、谷足(左足)の足首が曲がらず足がほぼ水平になり、滑ることなくしっかり立っていられることが実感できます。

しかし、これだけでは効率よく安全に草刈することはできません。

 

【作業効率が二倍になる、二点式吊りベルト】

 

 通常の草刈機は、ベルトを肩に掛け草刈機を一点で吊っています。

そのため、草刈機のふり幅は45度から60度程度しか振れません。

また、硬い木などに回転刃が当たった時、草刈機がキックバックして体に近づいてきて怪我を

する場合があります。

その上、地面の形状によりベルトの長さを変えようとすると、草刈機を止め下ろしてからベルトのバックルで調整しなくてはなりません。

 

 私はこれらの問題を解決する為に簡単な方法を見つけました。

その方法とは、「草刈機を二点で吊る」ただこれだけのことなんです。

信じられないでしょうが、これは事実です。

 

二点吊りにすることで、斜面だけではなく平地での草刈作業の効率も上がり、安全性も向上します。 もちろん、ベルトの長さ調節は、草刈機のエンジンを止めることなく、吊ったままで片手でできると言ったら信じてもらえるでしょうか?

 

土手歩きに興味があるあなたは、草刈作業において何らかの改善をはかり、効率良く疲労を軽減したいと前向きに考えているのではないでしょうか?

その前向きな気持ちがあれば、草刈機の一点吊りを二点吊りにすることは簡単です。

 

用意する物は、太さ5ミリから10ミリ 長さ1mくらいのロープと、草刈機のハンドルパイプの太さに合うホースバンドだけ。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【二点式吊りベルトをプロの農家の方に伝え実験した結果頂いた声】

 

西会津で農業をしている青年に草刈機の二点吊りを伝えに行き、エンジンをかけないまま草刈機を肩に掛けてもらったところ、こんな一言が返ってきました。

これなら背中にも重量が分散するから肩がこらないかも?」

さすがにプロ 経験者だと思いました。

そして、そのまま左右に振ってもらうとこんどは

振り幅が取れるだけじゃなく、操作性がいい。」と言ってくれました。

最後に

「何で今まで気づかなかったのだろう?

    たった一本のロープで今までの悩みが解決するなんて」

この言葉を聞いたとき私は、「自分の考えが間違っていなかった」と、本当に嬉しく思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【二点式への改造方法】←大げさな表現をお許し下さい。

 

 今までのベルトを通常通り草刈機に取り付けます。

 体を通さないのでベルトは二つ折りになっています。

 二つ折りの頂点にロープの端を結びます。

 ロープのもう一方の端を、左ハンドルのグリップから20センチほど内側にホースバンドを使

 いハンドルに止めます。

 

 これで二点吊りが出来上がりました。

 「単純ですがこれだけで、あなたに残された人生の中での草刈作業が大幅に改善されました」

  

【次にベルトの長さの調整をします。】

 

ベルトを左肩に掛け草刈機を吊ってください。

かなりベルトが長いはずです。

ロープをハンドルに巻きつけて短くします。

草刈機がちょうどいい高さになった時、肩にロープではなくベルトがくるように

ベルトのバックルを調整して二点吊りの完了です。

 

こまかいベルトの長さ調節は、ハンドルに巻いたロープを巻いたりほどいたりしてします。

エンジンをかけたまま、草刈機を下ろさず調整できます。

 

この状態で草刈機を左右に振ってみてください。

一点吊りとふり幅がかなり違うことが分かるでしょう。(180度以上)

 

キックバック時の安全性についてですが、草刈機本体のシャフトとハンドルシャフト及び吊りベルトの中に体が入っているので、草刈機がキックバックした時にハンドルシャフトがストッパーの役目をしてくれます。

最後にもう一つの利点は、肩こりが少なくなることです。

一点吊りの場合、重さが肩一点に集中しますが、二点吊りの場合背中にも重量が分散するからです。

 

ぜひ、土手歩きを注文する前に二点吊りにしてみてください。

効率が上がり土手歩きがいらないかもしれませんよ。

 

では、効率のいい安全草刈ライフをお楽しみください。

 

「実際やってみたよ」と言う方、ぜひ結果報告をおねがいします。

できれば写真付きで、下記アドレスにメールください。

このサイトで紹介します。 

 

追伸

メーカーさんに「なぜ?一点吊りなのかと質問したら、昔からそうだから」と

話していました。

 

二点吊りに興味のある方、メーカーさんでもいいです。

連絡いただければ説明しますよ。

 demura@hb.tp1.jp または携帯090-8926-6171 出村までどうぞ