草刈機の回転刃に草が絡まったとき便利な鎌

  草刈機を使っていて草がからまったり、ツルが巻きついたときどうしてますか?

 

「エンジンを止めて草刈機を下ろして手で取り除く」

「エンジンを止めないで、吊ったまま手前に引いてきて手で引っ張り取る」

 

土手にはびこったくずのツルを刈っていて、何度もからまって「あ~~~めんどくさい!!」

草刈機を振り回すのはいいですが、ツルに振り回されるのはいやですね。

 

しかも、このツル伸びるのは夏の暑い日だから刈るのも炎天下。

私の草刈機のエンジンは20CCのちっちゃいやつだからかもしれません。

だから、ツルを刈るときはナイフを持ったり、鎌をぶら下げたりしていました。

 

写真を見てください。

この鎌は便利です。

草刈機本体のシャフトにワンタッチで止められるんです。

 

鎌は、使い古した小さな鎌をグラインダーで削ってつくりました。

鎌の柄は、13ミリの水道の塩ビパイプ。

そして、シャフトに止める物ですが、農業用パイプハウスの部品でした。

22ミリ用の前後を切りかき、ビニールテープで止めています。

ぜひ作ってみてください。